建設業許可に関するQ&A

042-714-0378

営業時間 月曜~土曜 9:00~18:00

お問い合わせはこちら

建設業許可に関するQ&A

日付:2016年10月06日 カテゴリー:建設業許可に関するQ&A


建設業許可に関するQ&A

※本コーナーの取り扱いは神奈川県における取扱です。

申請全般に関してのQ&A

Q.法人成りした会社(決算未到来)が新規申請する場合に必要な書類は何ですか。
A.法人成りした後、最初の決算を迎える前に新規申請をする場合は、税務署へ提出した個人事業の廃業届を添付します。また、納税証明書の代わりに税務署(県税事務所又は市町村)へ提出した法人設立届を添付します。

Q.個人で屋号がある場合はどうしたらよいですか。
A.確定申告書に記載されている屋号をそのまま記入します。

経営業務管理責任者に関してのQ&A

Q.許可申請書に添付する登記簿謄本では、最後の役員登記から2年以上が経過し、登記懈怠のため任期切れとなっている場合に確定申告書の役員報酬欄で確認できれば、引き続き役員に就任しているものとしてみなされますか。
A.確定申告書の役員報酬欄では過去1年間の役員就任の事実は確認できますが、申請時点で役員かどうかは登記簿謄本の記載をもって確認する必要があるため、重任登記を行ったうえで申請することになります。

Q.経営業務の補佐経験を証明する場合にどうのような書類を提出したら良いですか。
A.法人にあっては当時の組織図、辞令、人事発令記録、業務分掌規程など役員に次ぐ職制上の地位にいたものであることが確認できるもの。個人にあっては、所得税確定申告書に記載された事業者専従者欄など事業主を補佐する地位にあったことが確認できるものが必要となります。

Q.社外取締役としての期間を経営業務管理責任者の役員経験に算入できますか。
A.できます。

Q.非常勤であった取締役の期間を経営業務管理責任者の役員経験に算入できますか。
A.できます。

Q.個人事業の専従者として7年間の経験がありますが、この個人事業の補佐経験で他法人の経営業務管理責任者になれますか。
A.なれます。

確認資料に関するQ&A

Q.経営業務管理責任者及び専任技術者としての経験を裏付けるものとして確定申告書を添付する場合、紛失等で添付できない場合はどのようにしたらよいですか。
A.経営業務管理責任者の場合 : 証明する最初の年が無い → 契約書、注文書等
途中の年が無い       → 事業証明書(県税事務所発行)
専任技術者(実務経験証明書)の場合 : 契約書、注文書等 (事業証明書は不可)
上記以外で認められるもの : 請求書 → 工事内容が分かるもので、かつ入金確認が確認できる書類、又は請求書が簿冊になっている場合。
個人情報の開示請求により開示された確定申告書の写し : 税務署に申請した「保有個人情報の開示の実施方法等申出書」の写しも必要。

Q.確定申告書の事業種目欄に「サッシ販売」又は「網戸の販売」との記載がある場合、契約書等の確認資料は必要ですか。
A.必要ありません。サッシや網戸などの建具の販売は、必ず取り付ける作業が含まれているためです。

財産的基礎に関するQ&A

Q.許可切れで新規申請をする場合、過去に5年以上許可を受けて営業していれば「許可申請直前の過去5年間許可を受けて継続して営業した実績を有する者」として財産要件を認めてもらえますか。
A.当該要件に該当するには、許可申請時までに5年間許可を受けて継続して営業した場合であり、許可切れの新規申請については自己資本又は残高証明で500万円以上が必要になります。

Q.資本金300万円で設立した決算未到来の法人が、年度途中で増資し、資本金を500万円にした場合、開始貸借対照表を500万円で作成し、残高証明書を添付しなくてもよいですか。
A.決算未到来で開始貸借対照表に記載する資本金は法人設立時の300万円であり、年度途中で増資しても自己資本額が500万円とはならないので残高証明書が必要となります。

営業所、その他に関するQ&A

Q.新規申請をするにあたり他社の一角に事務スペースを借り営業所にしたいと思っていますが、①営業所の独立性はどのように確保すればよいか、②①について具体的な基準はありますか。
A.①営業所の独立性を確保するために、他社との境をパーティション等で仕切り、商号を正確に表示する等の措置が必要となります。②特に基準は設けていません。

Q.新規申請又は決算変更届に添付する納税証明書に未納税額があっても提出できますか。
A.税金完納を要件としていないので、申請・届出は受理されます。

Q.営業所に固定電話を引かず、営業上の連絡・調整はすべて携帯電話を使用していますが、建設業許可の取得はできますか。
A.固定電話を引いているか否かは許可の必要要件ではないため、その他の許可要件を満たし、営業実態に問題が無ければ許可を取得できます。

お気軽にお問い合わせください