決算変更届

042-714-0378

営業時間 月曜~土曜 9:00~18:00

お問い合わせはこちら

決算変更届

日付:2018年01月11日 カテゴリー:建設業お役立ち情報


3.決算変更届

1.決算変更届とは

決算変更届は、建設業の許可を受けると毎年提出が義務づけられる、決算報告です。
「決算届」「事業年度終了届」と呼ぶ都道府県もあります。

許可を受けた建設業者は、毎事業年度終了後4ヶ月以内に決算を報告する必要があります。
5年に一度の更新許可申請の際にも決算変更届の提出状況がチェックされますので、忘れずに毎年提出するようにしましょう。

2.パソコンで入力できる

提出書類は下記のとおりです。

(1)決算変更届
(2)工事経歴書
(3)直前3年の工事施工金額
(4)財務諸表
(5)事業報告書
(6)納税証明書

各様式は神奈川県のホームページからダウンロードできます。

許可申請書等ダウンロード
http://www.pref.kanagawa.jp/cnt/f123/p644415.html

建設業許可申請手引き
http://www.pref.kanagawa.jp/cnt/f123/p18113.html

エクセルファイルを選べばパソコンで入力ができます。
PDFファイルもありますので、手書きで記入することもできます。

3.作成のポイント

(1)決算変更届

許可番号は「神奈川県知事許可(般-△△)第○○○○○号」「国土交通大臣許可(特-△△)第○○○○○号」という形式です。
△△の部分は直前の許可更新年度です。
通常○○○○○の部分は変わりません。

添付書類は(1)(2)(3)(4)(5)(7)に○をつけます。

(2)工事経歴書

完成月が決算期内にある工事のうち、金額の多い工事から10件、または完成工事高の6割を超える件数の工事を記入します。
工事施工金額にも記入しますので、工事をピックアップする際に元請け、下請けを分けておくといいでしょう。
合計額は工事施工金額の直前期の額と一致します。

許可業種が複数ある場合は、許可業種ごとに作成します。
実績のない業種については「実績なし」と記入します。

許可を受けていない業種については「その他の工事」としてまとめて1枚に記入します。
なお、許可を受けていない業種については、1件につき500万円未満の工事でなくては認められませんのでご注意ください。

(3)直前3年の工事施工金額

申請・届出直前の3年分を記載します。
許可を受けていない業種については「その他の建設工事」の欄に記載します。
合計額は損益計算書の完成工事高と一致します。

(4)財務諸表

御社でも作成していらっしゃると思いますが、申請用の書式が別にありますので、そちらに転記します。
法人用と個人用は異なりますのでご注意ください。
なお、財務諸表表紙も様式がありますので、そちらをご用意ください。

(5)事業報告書

株式会社の場合のみ必要となります。

(6)納税証明書

知事許可の場合、法人なら法人事業税、個人なら個人事業税です。
大臣許可の場合、法人なら法人税、個人なら所得税です。

(7)その他

変更があった場合、次の書類も併せて提出します。
○使用人数
○建設業法施行令第3条に規定する使用人の一覧表
○定款の写し

お気軽にお問い合わせください